「看護技術」の記事一覧(2 / 11ページ目)

縫合糸(溶ける糸、最新の糸の選び方など…)

手術

縫合の事をドイツ語でNaht(ナート)といいます。 今回は手術の際、メスで切ったら縫い合わせることは必要な糸について紹介します。 「溶ける糸で縫った!」 一般の人でも聞いたことがありますよね。 私が小学生の頃、友達が盲腸~続きを読む~

クロルヘキシジンとアルコール消毒の違い

消毒

クロルヘキシジンとアルコールと共通点 皮膚に対する刺激性はどちらも低い 殺菌力は細菌に対しては基本的に同じ 比較的、安定していてどちらも使いやすい消毒薬 クロルヘキシジンとアルコールとの違い 消毒の即効性がない ・クロル~続きを読む~

採血で溶血(+)と混濁(1+)になる原因

採血・注射

溶血とは? 「溶血(ようけつ)」って高校の生物の授業でも習いましたね。 溶血とは、赤血球が壊れている状態です。つまり細胞の体積が増えすぎると赤血球の膜が破れて、中のヘモグロビンが流出する事を言います。 そのため検査結果は~続きを読む~

血糖・HbA1cは灰色の採血管(糖尿検査)

採血・注射

HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)と血糖は糖尿病であるか診断するために参考となる数値です。 採血管は、灰色のスピッツです。 灰色のスピッツはこの糖尿病か調べる血糖とヘモグロビンA1cでしか使いません。 よく採血管で~続きを読む~

ステリクロンW液とR液の違いは?

消毒

ステリクロンという名の由来はSterilize(消毒する)とクロルヘキシジングルコン酸塩からステリクロンという名がついた消毒液です。 ステリクロンW液とR液の違いは? この2液の違いは色の違いと非イオン性界面活性剤(ポリ~続きを読む~

クロルヘキシジン消毒液の注意点、規制について

消毒

クロルヘキシジンとは? クロルヘキシジンは低水準消毒薬といわれ、*抗菌スペクトルが狭く消毒の効果がある菌が特定されています。 (*抗菌スペクトルとは、どれだけその消毒薬が菌に対して消毒の効果があるかのこと) 消毒効果があ~続きを読む~

ページの先頭へ