看護師と准看護師の違いについて、今回は話していきたいと思います。

看護師と准看護師の違い

国家試験と、都道府県の試験の違い

勉強してきた年数が違う

看護師と准看護師の教育課程は看護師は3から4年、准看護師は2年(高校生の看護科は3年です)です。そのため、勉強してきた年数が違いますし、勉強することもやや違います。

医師の指示と医師、看護師の指示の医療行為をするという指示者の違い

看護師は医師の指示のもと行うこと、准看は医師、看護師の指示のもと行います。

キャリアアップできない

認定看護師、特定看護も受験する資格がありません。
しかし、仕事内容はかわらずにできる職場もあります。

病院によって違うこと

給料が違う

働くところにより違いますが1万円〜3万円するところもあるようです。
しかし、正看護師とかわらず准看護師でも同じ給料を出すこともあります!
私が美容クリニックで働いたときは正看護師と准看護師は同じ給料でしたよ!

ナース服の色が違う

これも働く病院によって違いますね。
准看護師でも正看護師と変わらず同じナース服を着ている病院もありますね。
大きな病院で一度、准看護師は色が違うっては見たことがありますし、聞いたことがあります。そこでは、仕事内容も違うようでした。

役職がつかない

これも働く病院によって違いますね。
准看護師でも准看護師しかほぼいないクリニックや小さい医院などでは師長になってたりします。師長にならなくても、そこの看護師のトップとして役職手当みたいなものがあったりします。

仕事内容が違う

看護師は患者の援助(洗髪、清拭、口腔ケア等々)を行ったり、患者さんを受け持ったりしてますが、准看護師は全く違って、シーツ交換、食事配膳、下善などしか行ってません。
しかし病棟・外来でも准看護師も看護師もする仕事は同じってところもあります。クリニックではそうゆう傾向があります。

医療行為できない

働く病院によって違います。
准看護師でも正看護師と変わらず仕事していてバリバリ働いている准看護師はいます!

受け持ちが持てない

これも働く病院によって違います。
准看護師でも受け持ちが持っている准看護師はいますよ!

大学病院など病院によって准看護師は募集していない

もちろん、逆もあります。
クリニックなどでは給料も安く雇用できるため准看護師を積極的に募集している求人も多いです。
病棟などでは基準看護をとっているので准看護師はそのカウントに入ることができません。そのため病棟での募集は少ないです。

基準看護の7:1を取るには看護職員の2割を准看護師の比率が越えてはならないのです。
人件費などの兼ね合いで安い給与ですみますし准看護師を採用するところは多いですが、基準看護の7:1を取るために採用していないことが多いのです。
そのため総合病院など大手は採用時点で最初から准看を取らなことが多いのです。