転職サイトは、看護師の転職や復職支援にはとても心強いサポートをしてくれます。

看護師転職サイトの6つのメリット

  • 給料の交渉をしてくれる
  • 就職お祝い金が支給されることがある
  • コンサルタントが専任でついてくれる非公開にしている求人情報を扱っている本来は入職しなければわからないような職場の実際の雰囲気などの内部情報、その地域の傾向などを教えてくれる
  • 就職後も悩みなど、フォローしてくれる
  • スマホなどネットで、時間・場所を問わずいつでも手軽にお仕事探しができる
  • 常勤や非常勤、短期や派遣、夜勤なしなど働き方に合わせて求人を探してくれる

といったことが挙げられます。

自分の力だけで探すとなると、ホームページを見たりして探していくかと思います。かなりの労力を使いますし、また、病院見学などをしていっても、実際の内部事情などはなかなかその瞬間に知ることは難しいと言えます。
また、地域の特色などもわからないこともありますし、より深い内容については入ってみて初めて知ったということも往々にしてあることでしょう。
また、1人ではお祝い金の支給などもありません。
その点、会社を利用することで、こちら側の条件を伝えるだけで、その条件に合った内容の求人を無料で見つけてきてくれるので、心身ともに心強いものがあります。
コンサルタントの方と相性があえば、色々な話も聞いてくれたり、自分の要望も伝えやすいので、本当に頼りになる存在です。
また、就職が決まったら終わりではなく、入職後も職場の雰囲気はどうか、自分に合っているか、条件から逸脱していたことはあったかなど、スムーズに仕事に馴染めているかどうかまでしっかりフォローしてくれたりします。
そして、ブランクのある方が看護師の復職を考えるとき、昨今の病院事情なども聞けたりするので、より詳細な内容を確認しながら就職活動をしていくことができると思われます。
大手の転職会社の場合、求人の件数はとても多く持っており、幅広い選択肢の中から探し出すことができます。求人件数が少ないと、なかなか希望の職場にたどり着くことができなかったり、求人情報が出るのを待たなければいけなかったりすることも少なくなく、効率よく就職活動が進みません。特に、早く仕事に就きたいと思っている方だと、それはかなりの痛手となります。
転職会社を決める際にはどの程度の求人情報を持っているかというのもまた、決める際のポイントとなることでしょう。

メリットのまとめ

上手に転職会社を利用すれば、負担なく自分の希望の病院を探し出すことができ、手厚いサポートの中で就職することができると言えます。そのような意味からも、転職会社の存在にはメリットが多くのメリットがあります。
実際に看護師の転職はこのような転職サイトを利用する方が急増しています。人気で利用する方も多いのでこのような転職サイト自体も多いのです。

看護師専門の転職サイトのデメリット

では、デメリットにはどういったものがあるかというと…

転職会社側が決めたい病院を紹介される

転職会社側も利益を生なければなりません。
経営がかかっているため、紹介先にも優先順位をつけたりしています。紹介してもらうためには、いくつかの就職先を紹介してもらい、十分に比較検討した上で決定していくことが大切であると言えます。

コンサルタントによって進捗ペースや内容に差が出てしまう。

自分の利益ばかりを重視してしまうコンサルタントではなく、しっかりと信頼できるコンサルタントと出会えるかがターニングポイントになるでしょう。そして、そのコンサルタントが迅速かつ丁寧に進めてくれるのか、医療現場や情勢に熟知しているかどうかというのもとても大切な要素であると言えます。
マイペースで対応が遅れたりすると、スムーズに入職までたどり着くことができなかったり、こちら側も不安が絶えなかったり、心労は増えるばかりです。

転職を急かされることがある

転職を急かされて転職しても転職を成功させることは難しくなります。そのため、自分が納得して転職にしましょう。

強引に希望とは異なる求人を紹介し、面接を半ば強要される。

あなたの希望をしていない条件の求人を紹介してくることがあります。その求人の話を聞いたり、実際にホームページをみて「いいな」と思えばいいのですがまったく興味ない求人であれば面接を断ってもいいでしょう。しかし、最初は興味がなくても面接してみたら「いいな」と思うこともあります。そのため一概にはいえませんが、他に興味のある求人があれば興味のある求人を優先して転職活動を進めましょう。

虚偽の求人情報を載せる

本当に虚偽かどうかは就職してみないとわからないことも多いです。求人情報や面接のときの話と働いてみたら全然違かったなんて話はよく聞きます。

もし求人に虚偽や間違いがあり、提示された労働条件で働きたくない場合には、即時契約は解除することができます。

また、法律 職業安定法65条では….

虚偽の広告をなし、又は虚偽の条件を呈示して、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者6月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

とあるので、虚偽があった場合はその採用側である病院やクリニックに罰金を支払わないといけなくなります。そのため、「働いてみたら全然違かった、辞めたい!」となれば辞めることができます。

メールや電話などの連絡がマメどころか、しつこい。

転職会社には、希望条件を伝えているはずなのに、なぜか希望とは異なる条件の求人を紹介してくる会社や、とにかくしつこく電話やメールをしてきて、強要されてしまうようなところもあるようです。
また、扱っている紹介先の情報不足により、誤った情報を載せて紹介している会社もあるのだそうです。給与や勤務条件についてはとても大切な項目になってくるため、決める前には自分の目でもしっかり確認する方が間違いがないと思われます。
全てを転職会社に任せっきりにしてしまうと、後々こんなはずじゃなかったといったことにもなりかねないのです。
決めるのは自分といった意識を常に持ち、言われるがままではなく、自ら積極的に選び抜く姿勢がとても大切であるでしょう。

転職サイトを利用が原因で病院から断られることがある

転職会社を利用して仕事探しを依頼するこちら側は無料ですが、病院側は派遣会社に依頼して看護師をさがしてきてもらうために、それ相応の金額を派遣会社に支払うのです。探してもらうための手数料ですね。そのため、できれば個人で来て欲しいと思うものです。派遣会社を通してしまうと自分の行きたい病院に行くことができないといったことも出てくるかもしれません。

デメリットのまとめ

このようなデメリットもあることを考慮した上で、転職会社をうまく使えるように熟知して行く必要があるでしょう。

メリットとデメリットがあった看護師転職サイト利用体験談

当サイトの運営者もがお仕事を探させていただいた際にも転職サイトを利用しています。
とにかくフレンドリーなコンサルタントで、転職についての悩みなども真剣に聞いてくれたりしました。私は20代にして2回目の転職だったので不安がありましたが、その不安をなくすような言葉をかけてくれ自信を持って面接を受けることができました。また、条件についても何度も確認してくれて、とても親切丁寧なコンサルタントでした。
幅広く探してくれるところも魅力的であると思います。また、県外からの転職でしたので、その地域の特色や病院事情など、自分では知り得ないような内容についても事細かに教えてくれたりします。登録さえすればあとは色々求人を見つけてくれるため、精神的にもゆとりが持てました。また、コンサルタントの方が同じ子育て中であることから、辛さや喜びも理解してもらえた感じがありました。そのため、融通が聞きやすく、様々な紹介先中からも強引にきめようとしたりすることなく、あくまでも私の気持ちを第一優先に考えるえるようにフォローしながら進めてくれたのです。やはり、相性とはとても大事であるということを改めて思い知った時期でした。面接の日も最後までしっかりと同行していただけて、不安は一気に吹き飛びます。第一希望であったところで採用していただけ無事に転職することができました。

折り返しの電話を待っていた時、なぜかコンサルタントの方から連絡が来ず、折り返したら忘れていたなんてことがありました。そのため何日か日にちを無駄にしてしまった経験もありました。
そのため、おおむね利用は賛成ですがデメリットを理解し転職を成功させましょう。