新卒看護師が気を付けるべき転職サイトの


新卒看護師といったら、看護師の資格は持っているので、どこの病院でも働くことは可能です。しかしながら看護師の経験としてはまだまだ十分とは言えません。そのため、転職をするときには、本人自身は転職する気満々でも、雇う側としては少し躊躇する場合があるのです。それはせっかく人材を採用しても、即戦力にならない可能性があるから。
そこで新卒看護師が転職する場合に気を付けるポイントは、第二新卒を積極的に採用する病院を選ぶということです。第二新卒とは、新卒とは違うけれど、経験が浅く新卒と同様に扱うべき人材という意味です。
第二新卒を積極的に採用する病院をいかに多く掲載しているか?それが転職サイトを選ぶポイントになります。そうすれば転職をする際にも条件を絞りやすくなります。また転職サイトの担当者が第二新卒の情報をたくさん教えてくれるところもいいでしょう。転職サイトの公開案件では第二新卒の求人がなくても、非公開案件の中には第二新卒のものがたくさんあることもあるのです。

新卒看護師の転職でクリニックに転職することは果たしていいのか?面接は受かるのか?

そんな転職サイトで求人を探してみると、病院やクリニックといった就職先が見つかります。では新卒看護師がクリニックに就職することは難しいのでしょうか。
その答えは、難しくないといえます。その理由は二つあります。新卒看護師の転職のメリットデメリットからご紹介します。

新卒看護師の転職サイトを利用するメリットデメリット

まず一つの理由は、しっかり教育を受けることができるという点です。クリニックは看護師のスタッフ数がそれほど多くありません。そのため新しい看護師が就職したときに指導者がついてしっかり教えてくれることが多いのです。そのため新卒看護師が経験不足であっても、しっかり一から指導を受けることができるというメリットがあるのです。
次の理由は、クリニックの仕事はある程度ルーチン化しているので、新卒でもすぐになれることができるという点です。クリニックは夜勤はありません。当直があることはあるかもしれませんが、ほとんどは日勤業務です。その日勤の始まりから終わりまで、大体の仕事の内容が決まっているのですね。そのため仕事をいったん覚えてしまえば、すぐになれることができるというメリットがあるのです。
またクリニックも外科や内科、整形などそれぞれの分野に特化しているので、必要ないものはとりあえず勉強しなくても、必要なことだけをまず先に勉強して覚えてしまえば、仕事に支障はないのですね。その点でまだまだ経験年数の少ない新卒看護師でも転職しやすいといえるのです。

新卒看護師は面接は受かるのか?

面接では、なぜ新卒でやめようと思ったのか?転職をしようと思ったのか聞かれることが多いでしょう。新卒で転職を志すときにはそれなりの理由があるはずです。それをしっかり説明することができれば、何の問題もありません。また経験不足であることは面接官も百も承知です。新卒でも経験してきたことをしっかり説明できると、面接官の評価しやすいです。
新卒看護師が面接をするときには、しっかりと自分の今できることをアピールすることが大切です。
また、経験のない新しい看護をしたい場合はできなことも多いため1からおぼえることも たくさんありますので謙虚な姿勢とやる気をみせることが必要です。
やる気を重視とするところも多いので絶対にここで働きたいという思いを伝えることは必要です。
なぜなら、たいてい病院や職場ではやる気や意欲がない人がいたり、看護師歴や経験が長いため傲慢な態度で仕事していたりする人が多いため採用側は仕事をしっかりしてくれる人を見極めようとしています。
まあ、大抵は口だけでできない看護師も多いため、今までの経験年数でどのようなことをやってきたのかが大事になってくることもあるのですが….