駆血帯の特徴


駆血帯とは、静脈血を採血するなどの際に使用されるものです。
採血などの際に、わかりやすく、静脈を膨れあがらせるために、採血部の上方に巻きつけることで、採血をやりやすくします。
採血の際には、採血部のおよそ5~10センチ上に、こちらの駆血帯を巻き付けるようにします。
あまり強く巻き付けても、血液の流入が止まってしまいますし、あまりにも緩すぎても、採血に時間がかかってしまうことがあります。このため、適切な強さで巻き付けて使用をすることが必要であるといえるでしょう。
また、駆血帯は、非常に便利に利用をすることが出来ますが、あまりに長時間利用をしていると、うっ血を起こしてしまったり、あるいは血液の濃縮が起こってしまうこともあります。
このため、1分以内を目安とします。

選び方について

ゴム紐だけのもの、そし留め具付きゴムのカラー駆血帯、ワンタッチの駆血帯などさまざまなものがありますが、今は、幅のあるテープ状のワンタッチの駆血帯が、選ばれることが多いといえるでしょう。

血管からの採血の場合、まず一番はじめに行うことが、こちらの駆血帯の使用であるといえるでしょう。
私は、駆血帯を使用して、採血を行っていたことがありますが、注射をする際にも、駆血は非常に大切であると思いますし、さらにそれを先輩から教わることも多かったです。
最初は、駆血帯を使用する際に、強く腕に巻き付けてしまい過ぎて、血を止めてしまったりする失敗をしてしまったことがあります。ぎゅーっと締めすぎてしまいがちですが、静脈だけを締め付ける必要がありますので、動脈は締め付けてはいけないということを忘れてしまったこともあって、このあたりも注意が必要だと思いました。
また、患者さんの腕の太さなどにもよると思います。皮下脂肪が少なく、痩せ気味の患者さんの場合には、駆血帯が強く締まりすぎてしまい、動脈まで強く締まりすぎてしまうことがあります。
このため、力を入れすぎないと言うことが大切ですし、患者さんによってやり方を変える必要があると思います。

ゴムの駆血帯のメリット

ゴムの駆血帯のメリットですが、多くの駆血帯は、ゴムタイプになりますので、部署の物品としておいてあることが多く、自分自身で調達する必要がないというメリットがあります。
しかし、最近ではワンタッチの駆血帯が主流になりつつあります。
そのため、逆にゴムの駆血帯が置いていないこともあります。

ゴムの駆血帯のデメリット

しかし、ゴムの駆血帯にはデメリットもあります。それは、使われた年数、使用頻度によっては、ゴムが劣化してしまっていて、駆血帯が伸びきってしまっていると言うことがあります。
新品のもの、そして古いものとでは、使うときに力加減が違って不便に感じることがありますので、注意が必要です。
また、採血や血管注射の成功率が、古いものですと下がってしまうため、このあたりの使用感も注意をする必要があるといえるでしょう。

ゴムの駆血帯の使用感

ゴムの駆血帯の使用感ですが、ゴムアレルギーの方も居ますので、注意が必要です。そのためあらかじめ使う際はラテックスフリーのゴムの駆血帯を使用することがおすすめです。ゴムアレルギーは本人自体もわからないこともあるためなるべくでしたらラテックスフリーがおすすめです。

また巻く際には、腕の肉を挟んでしまうこともありますので、気をつける必要があるといえるでしょう。
また、細いゴムの場合は、痛みを感じることもありますので、太いゴムを使用した方がよいといえるでしょう。
しかし、ゴムタイプは、今も使いやすいという方も居て、たとえば、ゴムタイプは、片手で外すことが出来る上、血管を浮き出しやすかったりするので、採血が成功しやすいというメリットもあります。また、昔からゴムの駆血帯を使っていて慣れている方にとってはゴムの方がよいという場合もあります。血管に入ることが優先されますから、自分にあった駆血帯を利用するようにします。

ゴムの駆血帯使い方

まずは、巻き付けてクロスにしていくようにします。そして、チューブの下をくぐらせて、ループを作り、外れないようにします。
ゴムのものには、簡単なピンチがついているものもありますが、この場合には、ピンチをはめるだけで大丈夫なので、使い方も使いやすいといえます。
そして、肘の少し上ぐらいで、駆血をするようにします。
ワンタッチタイプしか使ったことがないという方は意外と多いので、使い方を知っておくことで、役に立つといえるでしょう。

ワンタッチの駆血帯の使い方

ワンタッチの駆血帯は、静脈を浮き上がらせるための、ワンタッチ型の駆血帯となります。腕に巻くタイプはさまざまなものがありますが、ワンタッチタイプの使い方は非常に簡単であるといえるでしょう。
まずは、採血をしたい部分の上部の5~10センチ程度の場所に、プラスチックの差し込む側と、差し込まれる側の凹凸をかちっと差し込むだけです。わっかが出来ますので、そちらに腕を差し込んでも良いですし、後から、垂れている側を引っ張って、調整をすることが出来ます。
採血が無事に終了すれば、そのあとは、解除ボタンを押すだけで、簡単に外すことが出来ます。

ワンタッチの駆血帯のメリットはとめる・しめる・はずすの3つ

とめる・しめる・はずすの3つがワンタッチでできる

とめる・しめる・はずすの3つがワンタッチでできる点が大きなメリットです。
付け外しが非常に簡単であるという点と、締め付ける強さの調整などが容易であるという点であるといえるでしょう。
巻いていない部分を引っ張ることで、締め付けることが出来ますので、患者さんの腕の太さに合わせて、簡単に調整をすることができます。

患者さんの負担が少なくしっかり血管を怒張でき、コンパクトで持ち歩きもしやすい

さらに、ゴムのものとは違い、患者さんが駆血帯でしめられているときの痛みが少ないのも特徴であるといえるでしょう。
また、コンパクトにまとめて持ち歩くことが出来るという点も大きなメリットです。

ワンタッチの駆血帯のデメリット

ワンタッチの駆血帯のデメリットは、血液などの汚れが付着してしまった場合、ゴムのものと比較しても、汚れが取れにくいという点であるといえるでしょう。採血をしていると血液が付着することは非常に多いですが、アルコール綿花などで汚れをさっと落とすことが出来ず、チトレールなどで血液を洗い流す必要性が生じてしまうのが、デメリットです。
血液でもすぐに汚れを落とせばしっかり血でも汚れは落ちます。

ワンタッチの駆血帯の使用感について

ワンタッチの駆血帯の使用感についてですが、とても簡単に着脱をすることができ、コンパクトにまとめることが出来るため、医療従事者としては、非常に使いやすいです。
食い込んだりもしないので、痛みも少ないというメリットもあります。

駆血帯のおすすめ

amazonは送料無料ですのでナース専門ショップでは送料がかかるので単品購入でしたら安くておすすめです。

ワンタッチの駆血帯の通販

ゴムの駆血帯の通販

採血のコツ・手順・痛くない方法・良い血管の見つけ方|採血が上手い看護師