胃カメラは簡単検査手段で広く認知されていて頻繁に実施されていて、医師、看護師など医療従事者は安易にとらえがちですが、胃カメラの検査受ける方の多くは体に負担があって、精神的不安を抱えているので、患者に対し身体的精神的面から献身的ケアが需要になってきます。
看護師が実際、検診の際には苦手で2日休みをとって挑む方がいるほど看護する側とされる側ではまったく精神面では違います。普段、看護する側ですと時間や仕事に追われることも多いこともあり注意点はしっかり頭にいれておく必要があるのです。

胃カメラは口から内視鏡を入れて食道や消化管の様子を見る方法であり、胃カメラは炎症などの発見のためするときもあり、治療目的に実施されることも多々あります。患者が感じる違いは嘔吐間や挿入時の苦痛度です。スコープが舌根部に触れないことにより嘔吐反射少ないことで苦痛度低くなり、検査中会話も経鼻な内視鏡のときは可能になって、心理的に負担が軽いです。また心拍数、血圧増加などの数字に苦痛度の違いが表れてきて、経鼻内視鏡はわずかに増加するにとどまります。胃カメラは基本安全な検査ですが、偶発症の可能性もあって、それを念頭に置いて解除する必要があります。嘔吐反射などによって胃の中の圧が高くなることにより消化管粘膜割けることもあり、このとき内科治療で穿孔がふさがって応急処置が必要になることもあります。患者の体はもちろん、心の負担抑えることが大事で緊張ほぐすことにより検査もスムーズになり、そのため内視鏡検査の必要性、合併症の可能性まで説明して患者の承認得るのは餅Rン検査の安全性もしっかり伝えておきましょう。そして病歴や検査データを把握し前身の状況をしっかり観察。どの患者も注意深く検査することが大事です。また患者の緊張を抑えるために声かけは大事で、検査に入ってからも状態を常に観察するのが求められます。表情、呼吸状態を注意深く関節し、声掛けしてみれば患者の苦痛を和らげられます。胃カメラは広く周知されて、検査自体5~20分で終わることで医療従事者はあまり重く受け止めてませんが、患者は大きなストレスになることが多く、5分が30分のように感じる方も多いため声がけをしっかりします。その為検査前患者の不安取れるようにしっかり説明して、そのうえで疾患、服薬状況も具体的に問いかけ、患者に声に出して答えてもらって確認をしてください。