さらに神奈川県特化の転職情報をみる→→最新!神奈川県の看護師求人情報と転職事情とは?おすすめ転職サイト

神奈川県(横浜)の准看護師求人を紹介しています

当サイトでは、各都道府県のデータを厚生労働省・看護協会などにより分析しております。
准看護師の求人は正看護師と比べると少ないですが、転職先は少なくはありません。
しっかりとリサーチして納得のいく転職をしましょう。
では、神奈川県の准看護師求人情報と転職事情について紹介したいと思います。

神奈川県・横浜の看護師・准看護師の年収と月収

都道府県 職種 平均年齢 勤続年数 月収 年収
神奈川 正看護師 35.7歳 5.4年 349,900円 5,248,500円
准看護師 49.8歳 8.0年 304,900円 4,573,500円

神奈川県の看護師求人について

医療施設は東京と比べると少ないですが全国的にみても求人数は多いです。
高度な医療を提供する病院も多くあります。
横浜市や相模原市、伊勢原市、鎌倉市といくつかの市に分かれて大きな病院があります。
大規模な病院が多いのが特徴で横浜市にある聖マリアンナ医科大学病院では病床数が1208床あります。
看護師数も常勤だけで919人ですのでかなり大きな病院です。横浜市立大学附属 市民総合医療センター でも病床数が726床あります。
看護師数も常勤だけで830人ですのでかなり大きな病院です。

相模原市では北里大学病院でも病床数が1033床あります。
看護師数も常勤だけで1047人ですのでこちらもとても大きな病院です。

伊勢原市では東海大学医学部付属病院は病床数が県病床数が804床あります。
看護師数も常勤だけで905人ですのでこちらも大きな病院です。

鎌倉市沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院は病床数が県病床数が574床あります。
看護師数も常勤だけで361人ですのでこちらも大きな病院です。

県内トップレベルの医療を提供している病院が多いです。

神奈川県で准看護師が転職して平均より高給年収をもらうには?

大きな病院は福利厚生がしっかりしていて高給で、比較的休みがとりやすいです。
他には、訪問看護師なども近年高給となってきました。
訪問看護師は経験年数がすくなくてもある程度も給与を貰えます。
夜勤のある場合と夜勤のない場合で給与に差ができてしまいます。
夜勤のある職場でも、夜勤手当がピンからキリなため給与に差がでます。
役職につけば、大きく年収アップになりますが准看護師では厳しいところです。
転職先や働き方によっては年収ダウンしてしまいますのでより高い給与をもらうには多くの情報を収集する必要があります。

神奈川での転職活動は看護師転職サイトを利用することで満足のいく転職になる

・給与交渉や待遇交渉をかわりにしてくれるため年収アップは可能性は大きくなります。
・大きな病院や給与のよい病院の情報を多くとりいれているため情報収集力
・病院とのやりとりをやってくれるためスムーズな転職ができます。
・2社以上利用することで、より多くの情報をとりいれます。
ただし、連絡のやりとりが大変であれば登録してみて1つの転職サイトが
よい転職をサポートしてくれそうだとわかれば早めに
他のサイトのサポートを断ることも可能です。

転職サイトを利用の注意点

・看護師転職サイトによっては、扱う求人数が少ない場合がある
・看護師転職サイトによって准看護師の絞り込み検索ができない場合がある
(ナース人材バンクなど…)
・担当の方と気が合わない場合が稀にある
・どの転職でもいえることだが、今後の看護師人生を考えて転職する

→少なくとも、2社は利用し比較することで情報数とその利用した転職サイトと合う合わないなどの問題が解決できます。

神奈川での転職先の選び方

2018年の時点で実務経験10年から実務経験7年に変更になり、2年の通信制正看護師取得のコースに入学できるようになりました。つまり、2018年度4月の入学者より適応になり2年で正看護師の免許の受験資格がもらえることになります。厚生労働省により正式な発表されていますのでそれを含めて転職を考える方も多いかと思います。その准看護師から正看護師をとるためにサポート行う病院もあります。
また、認定看護師などをとるためにサポート行う病院もあります。

福利厚生がよく、有給もしっかり消化できたり、給与面や賞与の多い求人を選ぶということも可能です。
訪問看護や、往診の多い病院などでは地域密着の看護を行える求人なども豊富になります。
多くの転職先があるため”>神奈川”の求人を多く扱っている看護師転職サイトで効率的に
最新の情報も取り入れることで納得のいく転職になります。