ウィンスロー孔とは?ウィンスロー孔ってどこの位置?

ウィンスロー孔とは、網嚢孔ともいいます。
位置は網嚢という腹腔への入り口のことで胃と肝臓の後ろあたりです。
しかし、網嚢という腹腔への入り口がいまいちピンとこない方も多いでしょう。
私もそうでした苦笑。手術室、ICUなどでは特によく聞かれますが正確な場所を知っている人は少ないです。
ただ、ウィンスロー孔は外科の消化器手術後によくドレーンが挿入されるのでこの「ウィンスローは知っていて当然でしょ?」
みたいなことにはなっていますね。

ウィンスロー孔の構造

孔になっているので、ドレーンがずれにくく、抜けにくい構造になっている。下の図は、「図ありでお腹のドレーンで詳しく」という記事でも説明しました。
これだけでは、いったいどこにあるかイメージがつきにくいです。
そもそも、ドレーンを留置する目的は排液のためであり液がたまりやすいところに留置します。
人間な体の中は複雑なため、平面の図ではなぜそこにドレーンをいれるのかを理解できていない看護師は多いです。
ですが、腹腔内の構造をしっかり理解した上で、ドレーン留置の目的とともに理解する必要があります。

doren

そこで、体の横から見た断面図をみれると、なぜドレーンがそこに入れるのかが分かると思います。

doren

ウィンスロー孔とダグラス窩にドレーンを入れる根拠(理由)は?

①ドレーン先端の挿入部周囲の液をドレナージさせたい(排液させたい)から
②腹腔内で最も低い位置にあたるから(ダグラス窩)
③特に腹腔内(体内)で液がたまりやすい部分だから
です。