看護師の求人転職って?

当サイトは実際に20代で転職を3回した現役看護師が看護師の「転職したい!」
「看護師やめたい!」「看護師として頑張りたい」をサポートするサイトです。
看護師の平均転職回数は約3〜4回というデータがあります。転職は、今後の看護師人生、そしてあなたの人生に大きく関わる大イベントです。
ですので、転職成功することがとても大事なのです。

看護師の転職はしやすいが失敗が多いのが実情

どこも看護師不足だからどこも求人を募集していることが多いです。
そのため、看護師は転職しやすく転職するごとに給料があがるなんて話をよく耳にします。さらに、転職すれば仕事が楽になり、休みもとりやすいなんて甘い話を鵜呑みにしてしまう方も多いです。

看護師ゆい看護師ゆい

そして、私もそのような理由で20代で4回も転職をしてきました…(笑えない)

看護師の転職に失敗が多い?

それは、看護師をしていれば何人もの看護師が入職し退職をしてきたかをみればわかりますね。3日かでやめる人もいれば、1、2週間、1ヶ月、1年、2年と期間はそれぞれですがごく短期間で退職をしてしまう方がいたでしょう。
1年であれば、転職自体に失敗したということではないかもしれない…
しかし、6ヶ月未満の退職は転職に失敗したということが多いのです。

看護師の求人転職サイトって?

看護師の転職をサポートする会社もたくさんあり、登録すればいろいろな求人を希望に合わせて紹介してくれます。
その紹介会社もそれが仕事だから、紹介しないということはないのです。
だから、看護師免許があればどこかしらの求人にでも紹介します。
あとは、面接して合否を伝える….
「徹底サポート!転職後もしっかりサポートします!」なんてアピールしているわりには、実際に転職して問題があっても解決するのは転職した本人なのだから本当に転職には慎重にならなければいけないのです。

看護師の離職率や、看護師の資格をもっていながらも看護師として働いていない潜在看護師も多くいるわけだから看護師として働くということは大変なことであります。

もちろん、看護師にやりがいをもっていて楽しみながら仕事をする人も中にはいます。
ですが、看護師の給料が普通の大手じゃないOLさんの給料と同じだったら看護師として働く人は多くいるのだろうか?少なくとも、看護師以外の職に転職したら、給料が下がるから看護師として働きたいという方も多いのではないかと思います。

看護師転職で失敗しないために…

看護師の転職に限らず転職して失敗したというケースは本当によくあります。
ここでは転職して少しでも転職失敗するリスクを回避してあなたの転職成功のきっかけになればよいなと思います。

転職に失敗しないためにすること

■自分一人で転職活動をしない
■誰かに相談をする
■転職したい理由を明確にする
■退職しないで転職活動を行う
■転職条件が明確に決めている
・給料面
・待遇面
・環境面
・仕事内容
■給料面についてしっかり確認する
■求人を探す際は複数の方法で転職活動を行う

看護師転職サイトランキング

看護師の転職は近年、転職サイトとよばれるような看護師専門の人材紹介会社を通して転職することが急増しています。当看護師転職サイトランキングは、看護師転職サイトの見やすさ・検索のしやすさ・転職支援金・営業時間・厚生労働大臣認可・対応地域・求人数などを参考に作成しています。


    1. 全国の求人を扱い求人数では、ダントツでした。利用者数が年間10万人で利用満足度は、97%です。看護師の通販「ナースピュア」、雑誌「ナース専科」では病院やクリニックの情報も記載しているため医療機関とのコネ(つながり)はどこよりも大きいです。そのため、転職サポートも充実しています。 >>さらに詳しい体験談・口コミをみる

サイト名/会社名 ナース人材バンク/株式会社SMSキャリア
おすすめ度
対応時間 平日9:30~20:00/土日祝9:00-18:00
転職支援金 なし
対応エリア 全国
非公開求人 あり
求人件数 230000件

    1. https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HZ86V+D2CI82+2JK4+62U37

      https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HZ86V+D2CI82+2JK4+62U37

      全国対応で看護師の転職を徹底サポートをしてくれる仕組みができています。口コミ評判もよく、多くの方が利用しているサイトです。独自に都道府県別にデータを収集した結果看護のお仕事が”2位”にランクインです。登録画面は「東京都の看護師求人満載」となっていますが全国対応しています。>>さらに詳しい体験談・口コミをみる

サイト名/会社名 看護のお仕事/レバレジーズ株式会社
おすすめ度
対応時間 年中無休 24時間対応
転職支援金 最大12万円
対応エリア 全国
非公開求人 あり
求人件数 136000件

    1. おすすめの看護師転職サイト「NurseJJ」のサイトロゴ画像です

      おすすめの看護師転職サイト「NurseJJ」のサイト画像

      ナースJJは、看護師の転職のサポートをはじめたもっとも老舗の会社です。また、お祝い金が高額で、看護師の転職を徹底支援してくれるためぜひ利用したいサイトです。>>さらに詳しい体験談・口コミをみる

サイト名/会社名 ナースJJ/株式会社カスタマ
おすすめ度
対応時間 24時間対応
転職支援金 最大35万円
対応エリア 全国
非公開求人 あり
求人件数 情報量最多

看護師の転職サイト(職業紹介会社)の利用のメリットは?

採用側は、紹介会社の利益は、契約したナースの年収の20%を払います。だいたい100万円といわれています。
多額なお金を他社にお願いしてまで、看護師の人材を欲しいということです。そのため転職サイト側は転職成功のためにがんばってくれます。
看護師協会のアンケートでは転職サイトを利用するメリットの意見があります。
「迅速・丁寧な対応」 「施設に関する情報の提供」 「施設側との条件交渉の代行」 「履歴書・職務経歴書の作成支援と面接支援」 などと個人の転職活動では得られないメリットがあります。
実際に、一人で転職活動をする場合は情報収集からはじまり、病院に連絡したりとたいへんです。 それをこの転職サイトを利用すればあなたの負担が減ります。 給与交渉でもあなたの希望年収や希望待遇で転職できる転職先を探してくれます。 3〜4件ピックアップしてくれ、その中から選ぶことができます。

また、この転職サイトを利用する注意点としては….

①あなたの転職したい先を紹介してくれるか?
②転職サイトが扱う情報量が多い方がおすすめ
③あなたの転職希望条件をサポートしてくれるか?
④転職お祝い金がもらいたいか? などによって利用するサイトは違います。

そのため、2〜3件ほど転職サイトの登録が安心で、よりよい転職になります。
転職サイトの担当者とあなたとあわない場合もあるので、その場合は担当者を変わってもらうか、他のサイトを利用してするかを選択する必要があるかもしれません。

看護師転職サイトでなぜお祝い金がもらえるのか?

看護師転職紹介会社でお祝い金がもらえる理由をご説明します。

それは、看護師1人採用するごとに採用した病院側から約100万円ものお金が転職サイト側にはいるからです。
そのお金をもらうのには幾つかの条件があり、何ヶ月か採用した看護師が働かないといけないなどの条件です。
なので、看護師側ももらえるのはすぐではなくて3ヶ月とか半年後になる転職紹介会社も多いです。 また、お祝い金を出す転職紹介会社は他社と対抗のポイントとしてやっていますので、転職してもお祝い金がでない会社もあります。そのなかには、広告にお金をかけている転職紹介会社もあることは事実です。
また、祝い金の金額も転職サイトによりさまざまです。
⬇︎詳しい条件や転職支援金のもらえるサイトランキングについてはこちら

転職支援金がもらえる看護師転職サイトランキングはこちら

なぜ、看護師の転職紹介会社(転職サイト)は存在するのか?ハローワークだけではダメなのか?

tensyoku
求人を募集する側の病院や施設などは、慢性的な看護師の人員不足になっています。
4月年度始まりの時点でも、すでに看護師の人員が不足しているというところも少なくありません。そのため、即戦力となり、長く働き続ける看護師が急募している病院も多くです。
ハローワークなどの公的機関からの求人では、人員不足に間に合わないためです。そのため、転職サイトに100万円ほどのお金を渡してでも転職サイトで求人を募集しているのです。

看護師が転職する理由は?

転職の多くの理由の一つとして職場環境の悪さです。
給与面、休日、人間関係などが理由での転職が多いです。
それに伴い、多くの病院やクリニックでは人員不足ですので条件を選ばなければ転職しやすいです。

看護師の転職に適した時期やタイミング

「看護師の転職は最低3年は我慢しろ!」
なんてよく聞きますが、どうしても辞めたい、精神的に疲れてているという方はこの3年を待たなくてもいいです。
転職してから3年勤めれば看護師としてしっかりやっていけます。
なぜ3年かというと、看護師経験が3年あれば一通りの看護師業務はこなせ立派な看護師として判断されます。
また、求人募集も看護師3年の経験を求めることが多いです。
プリセプター、リーダー業務なども経験していることも多いため3年経験のある看護師は看護師不足の職場からみれば新人教育も必要ないため必要とされているのです。

1年未満の転職

しかし、3年未満、さらには1年未満でやめてしまう看護師は多いです。
また、看護師は人手不足なことが多いため応募すれば受かる求人も多いのです。
希望する勤務先にもよりますが、看護師として働く道をあきらめず自分にあった看護師としての働き方を考えて転職するのもいいでしょう。

ママさんナース

子育て、家庭を持つということでフルで看護師として働くのは相当厳しいものがあります。
そのため、ママさんナースを積極的に雇用する求人も多くあります。子育てが落ち着けばフルタイム働いてくれることも見すえてたり看護師不足のため看護師を確保したいということもあるのです。
パートタイムや、3時4時5時で上がらせてくれたり、夜勤なしという決まりでママさんナースしている看護師もいます。

看護師の転職タイミングのベストな時期とは?

看護師は他の職種と比較すると、1年を通して求人は多いです。
しかし、特に求人数が増加する時期があり、特に4月が多いです。
そのため、もし気になっている病院があるのなら2月頃から求人がでていないかチェックしておくこともおすすめです。
条件の良い求人は、応募が殺到しやすく、特に採用人数の少ない個人病院は直ぐに枠がなくなってしまう事もあります。
求人が増えるという事は、それだけ働き先の選択肢が増えるという事です。
ですから、求人数の多い時期は転職するのがベストです。

転職のおすすめタイミング

■3、4月 年度の変わり目
新生活スタート者も多く心機一転にはベストです。
2月頃から新卒を見込んで徐々に求人数が増えはじめ、3月4月にピークとなります。

■9、10月 夏のボーナス支給後
この時期は、病院の経営が前期から後期へと変わるため、人員の強化の為に募集をかける事が多いのです。
また、夏のボーナスを貰ってから辞めるという看護師も多いため、以外と人員不足になる病院が多いんですね。こうした理由から、9月10月も転職求人が増加するんですね。
■1月 冬のボーナス支給後
夏より、冬のボーナスが多いため冬のボーナスをもらってからが一番ベストです。

ボーナスもらってから転職する流れ

転職にベストな時期は、もちろんボーナス支給後となります。
退職願いはボーナス支給後に提出し、引き継ぎに1ヶ月、その後転職をするというのがベストですね。
例えば夏のボーナスが6月ならば.
・6月に夏のボーナス支給
この支給後に退職願いを提出
⬇︎
・7月は引き継ぎの時期として働き
⬇︎
・8月から転職先で働く
というスケジュールが良いでしょう。
自分のボーナス時期に合わせてこうしたスケジュールをたてる事をお勧めします。

法律では、退職の2週間前にその旨を伝えれば良い事になっていますが、実際看護師の場合は少なくとも引き継ぎの為に1ヶ月はかかると考えて起きましょう。
そうすれば、転職にベストな時期に合わせていつから転職活動をスタートすれば良いかが自ずと分かるはずです。

転職の面接における注意点

面接はしっかりと対策しておくことが必要です。いくら看護師としてしっかりと働ける看護師でも面接の対策をしっかりと対策をしましょう。

①必ず聞かれる質問内容

面接では面接官が聞きたポイントがあるのでしっかり答えれるようにしましょう
・志望動機・当院を選択した理由
・自己紹介
・前職の退職した・する理由
・長所と短所
・職務経歴
・印象的な患者様との思い出
・あなたの看護観とは
・転職できる時期について
*予期せぬ質問にも落ち着いてこたえれなければそのことをしっかり伝える。

②転職の面接にはきちんとした服装と化粧と身だしなみの気をつける

・基本スーツ
・髪(一つに結ぶ、目にかからない、肩にかからない、色も明るすぎない)
・持ち物にも気をつける(バッグ、靴、ハンカチなど)
・化粧(ナチュラルメイク)

看護師の転職先にはどこがある?

看護師の職場は場所や施設により様々です。
看護師の転職先は病院やクリニックだけではありません。
ですが80%以上看護師が病院やクリニック、診療所などの医療系の職場がほとんどです。

大学病院

・研究や学会、委員会などの参加が多い。
・最新の医療が学べる
・症例数、患者数が多い
・専門性が高い
・注射や点滴は医師がするので、その技術が身につかない
・大学出身者が多いため人間関係ができていることがある

一般の総合病院

・看護師として、より多くの手技を身につけることができる。
・研究や学会、委員会などの参加が多い。
・残業が多い

療養型病院

病状は比較的安定している方が多いと言えますので、急性期病院と比べゆとりをもって働けることが多いです。
急性期だとテキパキ正確にと仕事をしなくてはならないですが、ヘルパーさんとかがいる療養型であればより自分のペースで仕事できる環境かもしれません、
・ 残業時間も少ない
・勉強会、セミナーなどが少ない
・一人の患者に時間をかけて看護ができる

訪問看護ステーション

年々必要性が増し利用者も増えてきている訪問看護師は在宅で生活し看護師を必要とする方にとって無くてはならない存在です。
・一人で判断や解決しなければならない場面が多くある程度の知識が必要
・タイムマネージメントをしっかりできる
・一人で行うためやりがいなど感じることが多い
・看護技術の高さが求められる
・夜勤がない
・残業が少ないところが多い

特別養護老人ホーム

入所している方の疾患・既往歴の理解し、バイタルサインの測定などを始め、内服の管理・介助や食事・入浴介助など日常生活動作をサポートする仕事が多いです。
入所者の方が急変した際に対応し、必要に応じて救急要請を行うことも重要な役割となります。
・医師が常駐していないことが多いため看護師の判断力が求められる
・日々同じ仕事の繰り返しで物足りなさを感じる場合がある
・残業が少ない・ほぼないことが多い
・一人の患者に時間をかけて看護ができる
・勉強会、委員会、学会、セミナーがない
・療養型の病院よりもさらに時間とこころにゆとりをもてることが多い

クリニック

大学病院や総合病院などでの過酷な勤務に疲れてしまったという方や夜勤をしたくないことが理由でクリニック勤務をしていることが多いです。ママさんナースも多いです。
・日曜日は定休日のことが多い
・残業が少ない・ほぼない
・夜勤がない
・勉強会、委員会、学会、セミナーがない
・休憩時間もしっかりとれるクリニックも多く、家から近ければ一度家に帰るという方も多いです。

美容クリニック・医療脱毛

給料がよく、夜勤もなく、それほど忙しくないということで人気なのが美容クリニックです。
・年間休日も多い
・お試しで美容の施術を受けることができるところが多い
・給料が多い
・夜勤がない
・勉強会、委員会、学会、セミナーがない

その他

病院・クリニック以外の職場

・一般企業看護師
・治験
・コールセンター
・有料老人ホーム、老健、デイサービスなどの介護福祉施設
・訪問入浴や訪問看護などの訪問系職種
・献血センターや献血車
・イベントナースやツアーナース
・検診センターや人間ドック施設
・商業施設などの医務室や救護室
なかなか求人がでないこともありますが、看護師が必要とされている職場は結構あります。
新卒ではなかなか転職が難しくある程度看護師としての経験年数が問われることもありますが、興味のある分野・仕事があれば転職におすすめです。

看護師の転職は併願はまったく問題ありません


結論から言いますと、看護師の転職では併願は全く問題ありません。転職を希望する看護師の中には、働きながら転職活動していたり、辞めてから探すといったパターンがあり1つずつ面接していては時間がかかってしまいます。日程に余裕があればいいのですが、できるだけ入職に急いでいるような場合はそれでは時間がまにあわなくなりますので、同時に面接し合否を待つのがよいかと思います。
基本的に看護師の転職は、併願をする方が多いですので気にすることはありません。ただ、面接の際に「他もどこか受けていますか?」と聞かれた際には「貴院が第一希望ですが他も受けています(もしくは面接予定があります)」などと答えるのがよいです。実際に、併願する看護師が多いこともありますのではっきりと伝えたほうがいいです。

併願する際の注意点

■面接日が被らないようにするなどの考慮は必要になります。
■複数の内定を貰っても就職出来るのは一社のみですから、きちんと断りの連絡をいれる事も忘れないようにしましょう。

■併願は多ければ多いほど良いという訳ではありません。自分が管理出来る範囲の数に抑える必要もあります。
複数の併願をする事によって、頭の中で整理出来ない状態になると、面接の際に思わぬミスをしてしまう事もあるでしょう。
病院名を間違ったり、病院の基本方針を別の病院のものと勘違いしてしまう等は、珍しい事ではありません。

併願は可能ですが、併願をした事がマイナスとして影響しない様にする事が大切です。

看護師の転職サイトおすすめ記事

看護師の転職サイトからの電話が頻回?そんな時の対処方法とは

新卒看護師が気をつけるべきはじめての転職

看護師の転職サイトのエージェントはなぜしつこいのか?

フライトナースになるためには?フライトナースの求人のある病院★おすすめ転職サイト

看護師でも退職したら失業保険を貰える!

看護師の転職の面接準備|面接対策と応答の流れ

看護師の年収って高いの?

看護師ボーナスの相場について同じ医療機関ではたらく医療スタッフと比べてみました

看護師が病院に内緒でキャバ嬢のバイトしているのマイナンバーでバレたりする